風鈴のお寺で、厄をはらうのが奈良流。

IMG_2046a

おふさ観音にて

古来より、体力の衰える夏には体調をくずしやすいと言われ、橿原市にあるおふさ観音では、古くから暑い夏を無事にすごせるように、風鈴まつりを行ってきました。

風鈴の涼しい音色が厄を払うという思想は仏教伝来のものです。

実際にお寺に入ると、2千もの風鈴が、「リンリン」というより「カナカナ」とむかえてくれ、別世界にいる思いがしました。


写真家 ブログランキングへ

私が支部長をしている、日本リアリズム写真集団のfacebookページです。魅力的な写真の数々を投稿しているので、ぜひ、「いいね!」してください。