9月 2013

金魚すくい大会 大きいポイと小さな手

IMG_1912-1a

大和郡山市 全国金魚すくい大会にて

女の子がさわっているのは、金魚すくいのポイです。この大会のゆるキャラが持っているから、とても大きいのです。

この大会で、いい写真がとれるかと思って行きましたが、選手の集中の邪魔をしてはいけないので、金魚をすくっている距離は遠いし、すくっている姿はポイを破ってはいけないと思うせいか、とても静かなんですよね。あきらめかえて帰ろうとしたら、いいシーンに出会えてカメラをパチリ。何がシャッターチャンスになるかわからないものです。


写真家 ブログランキングへ

私が支部長をしている、日本リアリズム写真集団奈良支部のfacebookページです。魅力的な写真の数々を投稿しているので、ぜひ、「いいね!」してください。

今井町の夏祭りは、ココロなごむ。

IMG_1744a

今井町の灯火会にて

この地域の祭りは、町内会が手作りで行っており、とてもアットホームです。筒にろうそくをつけるのも町全体で。縁日は、地域の神社で担当の人たちがこじんまりと行っていました。

そこに、町内のみんながやってきて、「調子はどう」「どっかいってきたの」など、おしゃべりをしている雰囲気がただよっている。

奈良市の中心部で育った私には、その穏やかな空気に心がなごみました。その祭りの一場面です。ぜひ、想像してください。


写真家 ブログランキングへ

私が支部長をしている、日本リアリズム写真集団奈良支部のfacebookページです。魅力的な写真の数々を投稿しているので、ぜひ、「いいね!」してください。

お寺と猫の関係

IMG154a

猫が日本に渡来したのは奈良時代の後半のことです。唐から運ぶ貴重な経典がネズミにかじられないように、一緒に船に乗せられてやってきたといわれています。

当時の猫は唐からやって来たので「唐猫」と呼ばれる小数の貴重な動物で、シルクロードの終点である奈良が、猫にとっても終着の地となりました。奈良市内には150余の寺院がありますが、多くの寺で猫の姿を見かけます。ネズミから寺や文化財を守るという縁は、今も続いているのです。


写真家 ブログランキングへ

私が支部長をしている、日本リアリズム写真集団奈良支部のfacebookページです。魅力的な写真の数々を投稿しているので、ぜひ、「いいね!」してください。

安倍清明の聖地で、空気を神秘的にしたかった。

IMG_0066a

安倍文殊院にて

名前からわかるとおり、ここは日本における占いの開祖で有名な、当山出生の安倍晴明のお寺です。 晴明堂では、魔除け方位除けのご利益を頂けますよ。

夏の暑いときに、ここを訪問しました。陰陽道の世界を表現できないかと考えていると、小さな兄弟が境内を歩いていたので、タイミングと空気感だすことに注意して、カメラをパチリ。何か神秘的な感じになった?それを感じてもらえたら幸いです。


写真家 ブログランキングへ

私が支部長をしている、日本リアリズム写真集団奈良支部のfacebookページです。魅力的な写真の数々を投稿しているので、ぜひ、「いいね!」してください。

ワンちゃんとおっちゃんの夏

IMG_1384-1a

大和高田市にて

8月に大和高田市をスナップしながら歩いていると、暑いせいか、人影はあまりありませんでした。その時、見かけた光景がこれ。ワンちゃんは暑いくてのびているし、おっちゃんはそんなのほっといて、新聞を読んでいる。この家の普段の物語を感じてパチリ。みんな色んな夏をすごしていますね。


写真家 ブログランキングへ

私が支部長をしている、日本リアリズム写真集団のfacebookページです。魅力的な写真の数々を投稿しているので、ぜひ、「いいね!」してください。

巨大そうめん流し。ちょっとかわいい瞬間。

IMG_1606a

下御門商店街80メートルのそうめん流しの一場面

近鉄奈良駅から、ならまちにむけて、餅飯殿商店街を歩いていくと、小さな商店街、下御門商店街に着きます。そこの夏のイベント80メートルのそうめん流しを昨年より行っています。1回100円で参加できます。

もう子どもから大人まで、そうめんに夢中。商店街のスタッフも、参加者に言われるままに、そうめんを食べやすい場所に流していました。

この商店街も、もともとは地元の人たちの店中心でしたけど、最近は一坪長屋商店など観光用のお店も目立ってきています。


写真家 ブログランキングへ

私が支部長をしている、日本リアリズム写真集団のfacebookページです。魅力的な写真の数々を投稿しているので、ぜひ、「いいね!」してください。

捨て猫たちの運命

IMG307a

一匹のメス猫は、10年間で1300匹の繁殖力を持っています。昔の捨て猫は、生まれた仔猫を川や溝に流して捨てていたのが、保健所が市民への奉仕として無料で毒殺するようになった経過があるようです。昨今、地域猫(不妊・去勢を行い、地域でネコを管理していこうとする考え)がひろがっていますが、まだまだ不十分です。

事実、奈良市だけで平成23年度の猫の殺処分頭数は、360匹です。しかし、奈良市は「飼い犬、飼いねこの不妊去勢手術補助事業」は、平成19年度をもちまして廃止しました。これでは何の解決にもなりません。


写真家 ブログランキングへ

私が支部長をしている、日本リアリズム写真集団のfacebookページです。魅力的な写真の数々を投稿しているので、ぜひ、「いいね!」してください。

2 / 212