招き猫の由来は江戸時代から

猫と私④aaaa

奈良民報連載7回目です。

「招き猫」の原型は、吉原の遊女薄雲太夫の飼い猫あるといわれるほど、江戸時代の花柳界では、招き猫を飾っていました。なお、左手を挙げているいるのが、「人招き」、右手を挙げているのが「金招き」といわれています。

この写真を撮るときは、床に寝転がって、ローアングルで撮っています。飼い主と飼い猫のほほえましいワンシーンを表現したかったんです。バックのカーテンにも注目です。

↓はげみになるので、クリックお願いします。

写真家 ブログランキングへ

私が支部長をしている、日本リアリズム写真集団奈良支部のfacebookページです。魅力的な写真の数々を投稿しているので、ぜひ、「いいね!」してください。