猫のおんがえし

3-2a

こんな伝説があります。佐渡島のそば屋夫婦には子がなく、一匹の猫を飼ってかわいがっていました。この店が夜逃げしかないとき、店先に見知らぬ美しい娘が立っていました。その娘は心にしみるような歌をうたい、たちまち島中の評判になり店は繁盛しました。

奈良民報連載10回目の分です。ポイントは、もれている光、茶棚の上に見えるネコの足。様々な要素がある写真なんです。

↓はげみになるので、クリックお願いします。

写真家 ブログランキングへ

私が支部長をしている、日本リアリズム写真集団奈良支部のfacebookページです。魅力的な写真の数々を投稿しているので、ぜひ、「いいね!」してください。