猫の舌

5-2a

奈良民報13回目の分です。「視点」のチラシにも載ったものです。

猫にエサを手渡しであげたことがある人は、わかると思いますが、舌の表面には突起があり、さわるとザラザラしています。これは猫が食肉獣として、肉と骨とをわけて食べるのが都合のよい仕組みになっているからです。また、毛づくろいのクシにもなっています。

ちなみにこの猫は、本当はかなりの美人猫です。美女をへんてこに描くピカソの気分です。

↓はげみになるので、クリックお願いします。

写真家 ブログランキングへ

私が支部長をしている、日本リアリズム写真集団奈良支部のfacebookページです。魅力的な写真の数々を投稿しているので、ぜひ、「いいね!」してください。

あれ、ケンカでもしたの?ちょっと不思議、秋の長谷寺。

IMG_6022a

今日撮り立てホヤホヤです。長谷寺詣では、坂道と階段の連続なので、足が疲れました。特別拝観で、本尊の十一面観世音菩薩を足の部分から入ることができました。見上げると、とても大きくて改めてびっくり。千円払った価値はありました。

写真は、本堂の外舞台で紅葉も見ずに、なぜか表情がないカップルを不思議に思ってパチリ。カメラマンの表情もポイントです。

↓はげみになるので、クリックお願いします。

写真家 ブログランキングへ

私が支部長をしている、日本リアリズム写真集団奈良支部のfacebookページです。魅力的な写真の数々を投稿しているので、ぜひ、「いいね!」してください。

写生会はにぎやかに。

IMG_5594a

猿沢池にて

猿沢池で、小学生が写生会。みんな池や興福寺の五重塔を書いていました。寒いのか、足を毛布で巻いている子や、太陽がまぶしいのか、日傘をさしながら絵を描いている子もいました。とにかく、にぎやかで元気。

↓はげみになるので、クリックお願いします。

写真家 ブログランキングへ

私が支部長をしている、日本リアリズム写真集団奈良支部のfacebookページです。魅力的な写真の数々を投稿しているので、ぜひ、「いいね!」してください。

思い通りにならないお稚児さんたち。子どもだもん。

IMG_5067a

10月に行われた、高畑地域にある、鏡神社の秋の例祭の一場面です。

あまり、こういう格好をしたくないのか、大人たちの思いどおりには動いていませんよね。お母さんたちは、子どものハレの舞台とはりきって、正装できているのに…。
平日にやる行事なのですが、最近はお稚児さんを少子化で、お稚児さんの数が減ったなあと、氏子さんがぼやいていました。

↓はげみになるので、クリックお願いします。

写真家 ブログランキングへ

私が支部長をしている、日本リアリズム写真集団奈良支部のfacebookページです。魅力的な写真の数々を投稿しているので、ぜひ、「いいね!」してください。

ネズミをよく捕まえる猫

4a

猫がネズミを捕まえるのは当然だと思っていませんか。そのすべてがネズミを捕まえるとは限らないのです。例えば、長毛猫はほとんど捕まえないし、短毛猫でもシャム猫は駄目です。ネズミを最もよく捕まえるのはミケのメス猫、ついで白黒のメス猫や黒のオス猫です。

奈良民報連載11回目の分です。ちなみに、気づかないと思いますが、この後姿のネコ、前回の茶棚に入っていた猫と同じです。このころからでっぷりしていて、最近加速していて心配です。今は、後ろから見ると、ボールに見えます。

↓はげみになるので、クリックお願いします。

写真家 ブログランキングへ

私が支部長をしている、日本リアリズム写真集団奈良支部のfacebookページです。魅力的な写真の数々を投稿しているので、ぜひ、「いいね!」してください。